伊那地域空き家バンク 伊那市・箕輪町・南箕輪村の空き家情報

伊那市

伊那市

二つのアルプスに抱かれた自然共生都市
人と歴史と文化を育む 活力と交流の美しいまち

長野県の南部に位置し、南アルプスと中央アルプスの二つのアルプスに抱かれ、市の中央部を天竜川と三峰川が流れる豊かな自然と歴史・文化が育まれた自然共生都市です。
市内を南北にはしる中央自動車道や国道153号などの幹線道路が整備され、東京、名古屋のほぼ中間に位置し、電気・精密・機械などの高度な加工技術産業や食品加工などの産業が発展しています。また、肥沃な土地と豊かで良質な三峰川水系の水をいかしたコメ作りや、野菜・果樹・花弁などの農業や、市域の82%を占める森林での林業も盛んです。
「天下第一の桜」と称される高遠城址公園の桜や3000m級の山々が魅力で、訪れる方を楽しませています。

箕輪町

箕輪町

箕輪町は長野県の中央部に位置し、中央アルプスと南アルプスに抱かれた人口約2万5000人の田園工業都市です。
長野県の中央部に位置し、天竜川が町の中央平坦地を流れ、東西には河岸段丘が発達しています。
自然と触れ合える高原や自然公園のほか、もみじ湖や赤そば畑、花ももなど季節の移ろいが楽しめる絶景スポットが多いのも特徴です。
豊富な農産物、精密加工技術を駆使した先端製造業、大型店・専門店・特色ある商店が集積した商店街など、まさしく『ほどほどの田舎暮らし』が満喫できる町です。

南箕輪村

南箕輪村

西に中央アルプス連峰の経ヶ岳・駒ケ岳、東に南アルプス連峰の仙丈ケ岳・東駒ケ岳を望み、伊那谷の一番広い平地の中心に位置する南箕輪村。
南箕輪村は、長野県南部、天竜川の上流に位置し、日本のほぼ中心にあり、中央道西宮線などの高速交通網の整備により、東京・名古屋から約2時間半、全国各地からのアクセスが飛躍的に便利になってきています。
伊那谷のベッドタウンとしても機能しており、昭和の時代から現在までにかけて人口が増加し続けている県内でも珍しい村であり、また子育て世代に人気の長野県一若い村でもあります。